金木観光物産館「マディニー」MADENY - 津軽三味線資料館 津軽三味線会館

金木観光物産館「マディニー」MADENY - 津軽三味線資料館 津軽三味線会館

津軽三味線会館とは

 津軽三味線発祥の地である五所川原市金木地区(旧金木町)。その元祖、「神原の仁太坊」は旧金木町の出身で門下の「嘉瀬の桃」「白川軍八郎」らにより、やがて津軽三味線の基礎が築かれました。

 津軽三味線会館は津軽三味線の歴史、民謡、金木町の郷土芸能「嘉瀬の奴踊り」「金木さなぶり荒馬」「金木登山囃子」等を紹介する展示室をはじめ多目的ホール、舞台、野外ステージがあり津軽三味線の生演奏を堪能することができます。

展示コーナー[歴史]

仁太坊【仁太坊】

 津軽三味線の元祖「仁太坊」こと秋元仁太郎は、安政4年7月7日に生まれました。

 8歳のとき疱瘡がもとで失明。12、3歳のころ上方から流れてきた女三味線弾きから手ほどきを受けたと伝えられています。

 「俺は乞食ではない、芸人だ。」というのが口癖だったとそうです。

 

嘉瀬の桃【嘉瀬の桃】

 嘉瀬の桃こと黒川桃太郎は、仁太坊の芸に魅せられ24歳のとき、弟子入りします。

 大正時代、唄会の人気者で中でも「調子変わりのよされ節」は桃の独壇上でした。

 今日歌われる津軽の三つ物、よされ節・小原節・じょんから節の型を作ったことから、津軽民謡中興の祖と言われています。

 

白川軍八郎【白川軍八郎】

 仁太坊の最後の弟子。9歳で弟子入りし、わずか3年で師匠を凌ぐ腕になったと言われています。

 仁太坊の”叩き三味線”に対し”弾き三味線”を得意としました。自然界の音を三弦の昇華させ、津軽三味線の神様と呼ばれ木田林松栄や福士政勝といった名手にも多大な影響を与えました。

展示コーナー[芸能]

嘉瀬の奴踊り【嘉瀬の奴踊り】

 田植えの踊りとして古くから伝えられています。

 新田開発に尽力した津軽藩士、鳴海伝右衛門を慰めるために唄い踊られたのがはじまり。

 

金木さなぶり荒馬【金木さなぶり荒馬】

 田植え後に行われる五穀豊穣・害虫駆除・
町内安全を祈願する踊り。

 

金木登山囃子【金木登山囃子】

 毎年旧8月1日に行われる「お山参詣」は、五穀豊穣と家内安全を岩木山の神に祈願する津軽の伝統的な行事。

津軽三味線会館詳細情報

津軽三味線会館
住所 〒037-0202
青森県五所川原市金木町朝日山189-3
電話 0173-54-1616
FAX 0173-54-1023
開館時間 【5~10月】8:30~18:00
【11~4月】9:00~17:00
休館日 12月29日
■入館料や詳しい情報は津軽三味線会館の公式ホームページを閲覧ください■

金木観光物産館マディニー

〒037-0202 青森県五所川原市金木町朝日山195-2
TEL:0173-54-1155 FAX:0173-54-1156
COPYRIGHT(C) MADENY. ALL RIGHTS RESERVED.